いま注目の写真の本、7冊を集めてみました。

      2015/03/23

アイキャッチ


アイキャッチ

道修町Studio(どしょうまちスタジオ)の小柳です。
この記事を書いている2015年2月4日のamazonでの写真に関する本のベストセラー20冊から6冊を、発売されたばかりでまだamazonにランクインしていない1冊の計7冊を選びました。
私の感覚で選抜したということでご理解お願いします。

 

レンズで見つける! わたしの京都 ―女子のカメラ&ライフ・レッスン (趣味Do楽)

レンズで見つける! わたしの京都 ―女子のカメラ&ライフ・レッスン (趣味Do楽)

 

NHKのEテレで始まった「趣味Do楽」のテキスト本です。
女優の北川弘美さんと女性写真家が写真を楽しむ講座になっているようです。
番組は見逃したので、再放送を見てみようかと思います。

 

SWITCH Vol.33 No.2 ◆ 荒木経惟のたのしい写真術 ホンマタカシのアラーキー・ワークショップ13講座

SWITCH Vol.33 No.2 ◆ 荒木経惟のたのしい写真術 ホンマタカシのアラーキー・ワークショップ13講座

写真家と荒木経惟さんとホンマタカシさんによる誌上ワークショップ。

気になる13講座を引用します。

1 荒木さんはなんでもやっている。
フィリップ=ロルカ・ディコルシア ロバート・フランク ウォーカー・エヴァンス
バルテュス ソフィ・カル リチャード・ロング

2 ほかの人が撮ったポートレイトで荒木さんを見てみよう。
ユルゲン・テラー 操上和美 佐内正史 大橋仁 HIROMIX

3 公共空間で撮影する心構えとは?
宇壽山貴久子 水野祐

4 同じ被写体を「たくさん撮ってまとめる」と面白くなるのはなぜ?
保坂健二朗

5 身のまわりを撮った写真、発表する/しないを分ける基準とは?
佐内正史

6 ズバリ! 荒木さんの写真術の肝とは?
末井昭

7 写真はウソがお好き?
南後由和

8 バスに乗って窓越しにベルリンの街を撮影してみてください。
野口里佳

9 20年前にARAKIが撮る東京に注目したのはなぜですか?
レム・コールハース

10 偽アラーキー
ホンマタカシ×しまおまほ

11 荒木さんの写真術から何を学びましたか?

12 写真集『センチメンタルな旅』にはどのカットが収録されたんだろう?

13 いろんな写真集で荒木写真について考えてみたり、そこに載った写真を見本に撮影してみたり。

 

これは面白い講座、間違いなし。

早速、注文しました。

 

世界の廃墟

世界の廃墟

日本では廃墟ブームと言われるくらい、廃墟写真や映像を目にする機会が増えてきましたが、この本は世界の廃墟を集めた本です。

スケールの大きい廃墟は迫力があります。

廃墟になった経緯なども書かれているようなので、それにも興味があります。

 

木村伊兵衛のパリ ポケット版

木村伊兵衛のパリ ポケット版

 

スナップや女性ポートレートの名手と呼ばれた木村伊兵衛さんがフィルムメーカーの依頼で開発されたばかりのカラーフィルムによる約60年前のパリの風景が楽しめます。

すでに絶版となった大型写真集「木村伊兵衛のパリ」からセレクトされた写真集です。

木村伊兵衛さんのカラー作品は貴重なので手元に置いておきたい写真集ですね。

 

幸せのしずく World of Water Drops

幸せのしずく World of Water Drops

テレビ番組「情報ライブ ミヤネ屋」や「未来シアター」でその世界観が紹介され、注目を集めるマクロ写真家、浅井美紀さんの初の写真集です。

小さな世界に広がる風景はオリジナルプリントを見たくなる美しさです。

 

Santa Fe 宮沢りえ

1991年(平成3年)11月に発売された宮沢りえさんのヌード写真集で、篠山紀信さんによる撮影です。

撮影当時17歳だったそうで、人気絶頂の少女のヌード写真集は話題になり150万部のベストセラーを記録しているそうです。

 

10年以上前の写真集がなぜか今、売れているそうです。

気になるのでamazonのここ1年以内のレビューを引用すると

  • 貴重な写真集
  • 青春時代の宝箱
  • 美しいしかわいいし!!
  • 宮沢りえの体の美しさ。それに尽きます。
  • 青春の女神

発売当時を思い出す方や、宮沢りえさんの美しさから購入されているようですね。

 

BRUTUS(ブルータス) 2015年 2/15 号

BRUTUS(ブルータス) 2015年 2/15 号 [雑誌]

まだ、発売されたばかりでamazonにはランクされていませんが、BRUTUS最新号が気になります。

この本もホンマタカシさんが関わったもので、いろいろな角度から写真を楽しめる内容です。

 

私は写真集が大好きです。

1ページづつ見ていくのもよし、気になる所だけ見てもいいですよね。

次にどんな写真が来るかも楽しみです。

写真を楽しむきっかけになればうれしいです。

では。

この記事を書いた人

こやなぎのぶあき
こやなぎのぶあき
写真撮影と動画制作の「道修町Studio」を運営。
また、写真作家としても活躍し、個展やグループ展に多数参加。
写真とカメラに詳しいのはもちろん、家電やPCにも詳しく、気軽に購入相談ができるので重宝がられている。

 - 作品集 , , , ,