コストはかかるが、やっぱり紙はいいよね。 インクジェットプリンタのお話。

      2015/02/07

アイキャッチ

アイキャッチ

 

道修町Studio(どしょうまちスタジオ)の小柳です。

 

デジタルカメラで撮影された写真のプリントは、インクジェットプリンタで出力することがほとんどです。
私、小柳宣昭はアート寄りの写真制作からスタートしましたので、写真展で使用できる高品位なプリント制作(ファインプリント)も行っています。
今日はインクジェットプリンタによるプリントのお話です。

 

インクジェットプリンタのインク

日本市場におけるインクジェットプリンタのビジネスモデルは、本体を低価格で提供しインクなどの消耗品で利益を稼ぐやり方です。
その影響からか、純正インクは高いのですが、非純正インクは問題点があります。

 

非純正インクの問題点

  • 色があせて来る。
  • インクを使い切る前に交換メッセージが表示される。
  • ヘッドクリーニングの頻度が増える。

などの事例があるそうです。

インクジェットプリンタのインクには染料インクと顔料インクがあります。

 

染料インクの特徴

  • 用紙にインクが染みこむ
  • 鮮やかなクリアーな発色
  • プリンタの価格が安い

 

顔料インクの特徴

  • 用紙の表面にインクが定着する
  • 階調性と色の再現性が豊か
  • 長期保存に有利

染料インクによるプリントは時間とともに色が薄くなる退色が起こり、作品としての写真には適しません。
そして顔料インクのほうが、階調が豊かで高品位なプリントができるので、ファインプリントには顔料インクを使ったプリンタを選ぶことになります。

 

道修町Studio のプリンタ

道修町Studioで使用しているプリンタは、EPSON PX-5002 です。


EPSON MAXART インクジェットプリンター PX-5002 A2・半切対応 K3インク搭載 8色顔料インク

 

A2サイズの用紙までプリントができる顔料インクプリンタです。
A2のプリントは迫力がありますよ。

 

ポートフォリオブックの作成も任せて下さい。

アートを学んでいる学生さんは、ポートフォリオブックの作成は必修だと思います。
大きな作品や立体作品は、写真撮影をしてポートフォリオとして残すフローになりますが、道修町Studioは写真撮影からプリントまで一貫して行えます。
もちろん、写真撮影のみ、プリントのみの注文も承ります。
こちらのフォームからお問い合わせお願いします。

 

個展でプリンタの説明員になりました???

2011年10月13日から2011年10月19日まで、ニコンサロンbis大阪で「小柳宣昭写真展 中津 -高架下風景-」を開催しました。

 

その期間のうちの2日間、隣のビルでEPSONのイベントが開催されていました。
イベント帰りの多く方が、私の個展に寄ってくださり、プリントの質問を多く受けました。

お客様
この写真はデシタル? 

私。。
はい、デジタルで撮影しインクジェットプリンタで出力しました。

お客様
どこのプリンタ? 

私。。
エプソンです。

お客様
へーここまで出るんだ。
私。。
はい。 いい時代になりました。

作品はモノクロの階調豊かなプリントに仕上げたので、プリンタの実力に驚かれた方が多かったようです。

まるでプリンタの説明員になったような出来事でした。

 

どう選ぶ?

 

写真を本格的にプリントアウトするには、顔料インクのプリンタ。

日常のちょっとしたプリントには染料インクのプリンタ。

という選択が良いと思います。

では。。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

こやなぎのぶあき
こやなぎのぶあき
写真撮影と動画制作の「道修町Studio」を運営。
また、写真作家としても活躍し、個展やグループ展に多数参加。
写真とカメラに詳しいのはもちろん、家電やPCにも詳しく、気軽に購入相談ができるので重宝がられている。

 - 事業について, 写真 , , , ,