写真展を開く! グループ展を開きたいなら必見! 準備に必要な4つのコト!

      2015/05/07

アイキャッチ

道修町Studio(どしょうまちスタジオ)の小柳宣昭です。

私の個展、小柳宣昭写真展「人工島」が無事終了しました。
来廊していただいた皆様はじめ、関係くださった方、ありがとうございました。

今日はグループで行う写真展を開く概要を書いてみます。

 

スポンサードリンク

 

グループ展とは

写真展は、単独で行う個展と、写真教室やサークルなどの複数人で行うグループ展があります。
グループ展は、一部の人に負担がかからないようにすることが大切になります。

 

参加者を募る

グループ展をやりたいなら、参加者を募集します。
写真教室やサークルの場合、主催者が企画することもあります。
自主的な集まりの場合、グループ展をやりたいことをメンバーに伝えることから始まります。
言い出した人がリーダーになることが多く、それなりの覚悟と責任を負うことになります。

 

役割分担を決める。

担当者を決めます。
参加人数により、兼任をなることもあります。

こんな作業・役割があります。
・ギャラリー担当
・記録係
・広報
・DMやちらしなどのデザイン
・展示レイアウト
・会計
・パーティ係
・搬入、撤収に関わる調整
・反省会などの係

・ギャラリー担当

開催場所は仲間の希望を尊重するべきですが、「言うだけ」の人もいます。
「このギャラリーでやりたい」と希望する会場を言った人が、ギャラリー下見、資料集め、メンバーへのプレゼンテーションを行うことにすればいかがでしょうか。
あと、ギャラリーで額が借りれるか(レンタルフレームといいます)も確認しましょう。

・記録係

開催までのミーティングや連絡事項などを記録します。
写真や文章で記録し、SNSなどでメンバーが共有できるようにします。

・広報

DMの配布や、SNSなどでの広報活動を行います。

・DMやちらしなどのデザイン

メンバーにデザイナーが居るなら是非任せましょう。

・展示レイアウト係

メンバーが出展する内容を把握して、展示レイアウトを検討します。

・会計

写真展を行うにはいろいろな費用が発生します。
費用に係ることは全て透明にします。

・パーティ係

オープニングパーティやトークセッションを行うことが主流になっています。
それらの準備や進行などを統括する役割です。

・搬入、撤収に関わる調整

作品の搬入や終了後の撤収などがスムーズに進行するよう、展示レイアウト係と連携して行います。

・反省会などの係

お礼状の発送や終了後のお疲れ様会(打ち上げ)、反省会などグループ展終了後のことを行います。

 

スケジュール

グループ展へのスケジュールです。

 

3ヶ月前まで

・ギャラリーの選出、下見
・担当者の決定、ミーティング

 

3ヶ月前

・ギャラリー、開催日の決定
・DM、ちらしの起案

 

2ヶ月前

・中間ミーティング
・DM、ちらしのデザイン決定
・広報開始

 

1ヶ月前

・展示レイアウト起案
・メンバー最終確認(作品の把握)
・費用の最終見積り

 

半月前

・作品の決定
・レイアウト最終調整
・最終ミーティング
・在廊者の調整

 

前日

・搬入作業、展示

 

開催中

・在廊

最終日

・撤収作業

終了後

・反省会や、打ち上げ
・清算

おおよそのスケジュールを挙げてみました。

最後に

概要を書いてみました。
今日はここまで。

いつか、詳しく書いていきたいです。
では。

この記事を書いた人

こやなぎのぶあき
こやなぎのぶあき
写真撮影と動画制作の「道修町Studio」を運営。
また、写真作家としても活躍し、個展やグループ展に多数参加。
写真とカメラに詳しいのはもちろん、家電やPCにも詳しく、気軽に購入相談ができるので重宝がられている。

 - 写真 , , , ,