画像処理エンジンとは? えっ、デジカメにエンジン?

   

アイキャッチ


道修町Studio(どしょうまちスタジオ)の小柳宣昭です。
デジタルカメラのカタログを見るとエンジンという言葉に出会います。
デジカメのエンジンとは画像処理を行う部分を指していて、画像処理エンジンと呼ばれます。
その画像処理エンジンについてお話しします。

スポンサードリンク

デジタルカメラの3大要素?

デジタルカメラの画質を決定する3大要素は
・光の入り口 「レンズ」。
・光を電気信号に変換する「撮像素子」。
(これはCCDやCMOSという半導体です。)
・電気信号から画像データを生成する「画像処理エンジン」
といわれています。

メーカーによって名称が違う画像処理エンジン

デジタルカメラのメーカーは独自の画像処理エンジンを開発し、それぞれに名前をつけています。
例えばこんな感じ

メーカー名 画像処理エンジン名
キヤノン DIGIC
 ニコン  EXPEED
 パナソニック  ヴィーナスエンジン
 ソニー α  Bionz
 ペンタックス  PRIME
 リコー  GRエンジン
 カシオ  EXILIMエンジン
 富士フイルム  リアルフォトエンジン
 オリンパス  TruePic

各メーカーのカタログを見るときに思い出してくださいね。

画質を決める画像処理エンジン

デジタルカメラの内部信号処理の流れ
画像処理エンジン

panasonic デジタルカメラ講座 デジタルカメラの内部信号処理 より

デジタルカメラで撮影すると保存されるファイルには、
・RAWと呼ばれる画像処理エンジンを通過しないファイル
・エンジンにより画像処理をされたjpegファイル(一部の機種はtiff形式なども保存可能)
が形成されます。

jpegファイルを作るのが画像処理エンジンです。

ほかに最近のカメラは動画も撮影できますよね。
その動画の処理も画像処理エンジンが担っています。
また、連続撮影ができるのもエンジンがものすごい早さで画像処理を行っているからです。

最新機種購入のススメ

画像処理エンジンは年々進化しています。
最新機種は、最新の画像処理エンジンが搭載されていますので、画像がきれいということになります。
また高画素化されれば画像処理に時間が掛かりますが、画像処理エンジンの進化のおかげで1秒あたりの撮影枚数は増えてきています。
予算が許せば最新機種の購入をおすすめします。

最後に

カメラに限らず、デジタル機器は年々進化しています。
「来年、もっといいのが発売されるので、それを待とう。。。」
とすると、購入時期を逃します。
年々性能が良くなるので、すぐに陳腐化します。
予算が許せば、ほしいと思った時が購入タイミングだと思います。

そして、購入したら使い倒しましょう。

あわせておすすめする過去記事
本体ではなくレンズ基準で選ぼう! デジタル一眼カメラの選び方

 

 

この記事を書いた人

こやなぎのぶあき
こやなぎのぶあき
写真撮影と動画制作の「道修町Studio」を運営。
また、写真作家としても活躍し、個展やグループ展に多数参加。
写真とカメラに詳しいのはもちろん、家電やPCにも詳しく、気軽に購入相談ができるので重宝がられている。

 - カメラ , , ,