2015年夏は写真家のドキュメント映画が目白押し! 偏った映画情報!

      2016/05/20

アイキャッチ

道修町Studio(どしょうまちスタジオ)の小柳宣昭です。
写真家を追ったドキュメンタリー映画は年に1~2本くらい上映されます。
そんな映画に今年は異変が。。。
それは2015年夏は写真家を追ったドキュメンタリー映画の公開ラッシュが続きます。
作家をより知ることができるドキュメンタリー映画は必見です。
それでは紹介していきますね。(公開日は日本における公開日です。)

スポンサードリンク

セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター

公開日:2015年8月1日(土) 関東から順次上映開始
公式サイト http://salgado-movie.com/

私はサルガドさんのオリジナルプリントを見たことがありません。
いつかはオリジナルプリントを見てみたいと思い続けている作家のひとりです。

2004年から始められた「GENESIS(ジェネシス)」プロジェクトのドキュメント。
今年初め、NHKの「スーパープレゼンテーション」で熱く語るサルガドさんを見てから、この映画の上映が待ち遠しくなりました。
やっと見れるという思いです。

フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように

公開日:2015年8月8日(土) 関東から順次上映開始
公式サイト http://legacy-frida.info/

メキシコを代表する女性画家、フリーダ・カーロ。
彼女の遺品を撮影した石内都さんを追ったドキュメント。
代表作「Mother’s」や「ひろしま」で知られる石内都さんがフリーダ・カーロの遺品とどう向き合ったのかを知ることができると思います。

未来をなぞる 写真家・畠山直哉

公開日:2015年8月15日(土) 関東から順次上映開始
公式サイト http://www.mirai-nazoru.com/

東日本大震災の直後、多くの写真家は東北へ向かいました。
でも今はその数も少なくなっていると思います。
畠山直哉さんは今も東北を撮り続けています。
出身が東北ということ、お母さまをなくされたことなどもありますが、この映画では今までの仕事や震災以降のことを知ることができると思います。

ヴィヴィアン・マイヤーを探して

公開予定:2015年10月
公式サイト http://vivianmaier-movie.com/

私は、ヴィヴィアン・マイヤーさんのことを初めて知ったのは、雑誌「IMA MAGAZINE Vol.3」でした。
ニューヨークで乳母をしていたという彼女はすでに鬼籍に入られています。
15万点以上の作品を残しながら1枚も公表せず、オークションで380ドルで落札された大量のネガに残された写真により、注目された謎めいた写真家です。
そんな彼女の素顔が明らかにされると思うドキュメントです。

最後に

写真家を追ったドキュメント映画は、上映会館も少なく、期間も短いものがほとんどです。
タイミングが合い、見ることができたら、それだけでラッキーだと思います。
貴重なこれらの映画をぜひご覧くださいね。

 

 

この記事を書いた人

こやなぎのぶあき
こやなぎのぶあき
写真撮影と動画制作の「道修町Studio」を運営。
また、写真作家としても活躍し、個展やグループ展に多数参加。
写真とカメラに詳しいのはもちろん、家電やPCにも詳しく、気軽に購入相談ができるので重宝がられている。

 - ガジェット系 , , , ,