2015年 大阪城に梅の撮影にいきました! 有名な撮影スポットで春を感じよう。

      2015/05/10

アイキャッチ


道修町Studio(どしょうまちスタジオ)の小柳宣昭です。

大阪の梅の名所と言われている、大阪城公園梅林に行ってきました。

天候はあまり良くなかったですが、満開の梅を楽しめました。

スポンサードリンク

 

春を思いっきり感じています。。。

花粉症で目がかゆくてたまりません。

外で思いっきり息を吸うと黒板消しの匂いがします。

今日も花粉がいっぱい飛んでるなとわかる瞬間です。

皆さんはいかがでしょうか。

春の訪れは梅でしょ。

花粉症で春を感じる私ですが、やはり春の訪れは梅の花がいいかなと思います。

梅はいいですよ。

なんてったて、楽しめる期間が長い!

大阪の開花時期は、だいたい2月中旬~3月中旬くらいです。

桜は一週間くらいですが、梅は一ヶ月弱楽しめます。

 

大阪での梅の名所

大阪での梅の名所でおすすめは、大阪城公園梅林です!

約98種、約1250本の梅が楽しめます。

しかも嬉しいことに、見上げなくても楽しめるよう、低く剪定されているそうです。

首が痛くならないのもいいですよね。

大阪城公園梅林

 

大阪城公園梅林は外堀と内堀とのあいだにあります。

梅の撮影テクニック

テクニックを少し書いてみます。

背景をぼかす

主役である梅の花をメインに、背景はぼかすことが一般の撮影方法です。

例えば
ぼかす

背景までピンとを合わすと主役が引き立ちません。

背景をぼかして、雰囲気を感じさせることが重要になります。

<時にはストロボを使う

曇り空でしたが、ところどころ青空が見えてきました

見上げて梅をとるときは、梅に露出を合わすと空が真っ白になり、空に露出を合わすと梅が暗くなります。

こんな時は、内蔵ストロボを軽く発光させるテクニックもあります。

日中シンクロ

 

人を入れて季節を感じさせる

季節を感じさせるには人物を入れてみるのはいかがでしょうか。

梅を知らない海外の方にも、写ってる人の服装により季節がわかるという利点もあります。

梅と人物

 

 

この記事を書いた人

こやなぎのぶあき
こやなぎのぶあき
写真撮影と動画制作の「道修町Studio」を運営。
また、写真作家としても活躍し、個展やグループ展に多数参加。
写真とカメラに詳しいのはもちろん、家電やPCにも詳しく、気軽に購入相談ができるので重宝がられている。

 - 写真 , , ,