日本の消費はシニアが支えている? 写真展、2日目を終えて。

      2015/05/07

アイキャッチ


道修町Studio(どしょうまちスタジオ)の小柳宣昭です。

私の個展、小柳宣昭写真展「人工島」がいよいよ2015年2月20日〜26日までオリンパスギャラリー大阪で開催しています。

開催2日目を終えての来場層についてです。

 

改めまして。。。。 告知です。

kirara_sub_img_141201131353_0

小柳宣昭写真展「人工島」

出展作品数 サイアノタイプ 約40点
期間 2015年2月20日(金)~ 2月26日(木)
時間 午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
休館 日曜・祝日

ぜひ来てくださいね。

 

来場者はシニアさんが多い。

写真展会場のオリンパスギャラリー大阪はオリンパスプラザ大阪というショールーム内にあります。
オリンパスはカメラ女子が増えるきっかけとなったミラーレス一眼カメラの先駆者的メーカーです。

イメージキャラクターに宮崎あおいさんや本田圭佑さんを起用し、30歳くらいの人向けに広報活動をしていますが、
オリンパスプラザ大阪を訪れるのは、私の実感ではシニア層が9割という印象です。
その結果、写真展にもシニア層の方に多数訪れていただいています。


宮崎あおいさんが表紙の、女子カメラ 2014年 06月号 [雑誌]

 

シニアさんは高級志向?

オリンパスの中でもハイアマチュア向けの「OLYMPUS OM-D」シリーズを熱心に触っている人や、肩からかけている人をよく目にしました。
入門機の「OLYMPUS PEN」にはシニア層は、あまり興味が無いようです。
新製品の「OM-D E-M5 Mark II」を試したいのでショールームに訪れているのかなとも思いますが、シニアさんは高級志向という印象を持ちました。

 

新製品発売イベントの来場者

写真展2日目は、ショールームであるオリンパスプラザ大阪で、新製品「OM-D E-M5 Mark II」発売イベントとして、写真家である清水哲朗さんのプロセミナー開催され、やはりシニア層の方々が多数来場されました。

オリンパスイベント

オリンパス新製品体感フェア OLYMPUS Photo Festa 2015
セミナーの前後に一気に写真展に来られるので、対応に大忙しでした。

 

写真文化の違い?

写真展2日目を終えて、カメラメーカーのショールームに足を運ぶのは、シニア層が多いという実感ですが、よく考えるとこれは年代による写真文化の違いかなとも思います。
今の10代、20代の人は、スマホで写真を撮影し、Instagramでみんなに見せるというスタイルは多いと思います。
一方、シニア層の人は、高級機を購入し「これから趣味として写真と向き合うぞ」というスタイルではないでしょうか。
それぞれの写真の楽しみ方があって良いと思います。
シニア層には、どんどんモノを購入し、日本の消費を支えていってほしいとも思います。

 

この記事を書いた人

こやなぎのぶあき
こやなぎのぶあき
写真撮影と動画制作の「道修町Studio」を運営。
また、写真作家としても活躍し、個展やグループ展に多数参加。
写真とカメラに詳しいのはもちろん、家電やPCにも詳しく、気軽に購入相談ができるので重宝がられている。

 - 作品集, 写真 , , , ,