スマホで撮影! 写真を上手に撮るテクニック大公開!

      2016/05/20

アイキャッチ

道修町Studio(どしょうまちスタジオ)の小柳宣昭です。
スマホカメラはお手軽で誰にでも簡単に使えますよね。
スマホカメラはお手軽な反面、思い通りに撮影できないとお悩みの方はいませんか。
そんな方にヒントとなることを伝えられたらと思います。
スマホの標準カメラアプリで、写真を上手に撮るテクニックを大公開しちゃいます。

なお、私はiPhone5Sを使っているので、ここではiPhoneの標準カメラアプリで解説します。
androidの「Google カメラ」も使ってみたいのですが。。。
android端末を使い始めたら記事にしますね。

スポンサードリンク

 

スマホカメラのメリット、デメリット

スマホカメラのメリット、デメリットをお話しします。

 

こんなカメラもありますが

コンパクトデジタルカメラ
レンズとカメラが一体になった通称「コンデジ」というデジタルカメラがあります。
でもスマホの普及によりコンデジ市場は消滅の危機に瀕しています。
デジカメ出荷数
「産業の突然死」とまで言われています。
なので、レンズが交換できるカメラとスマホカメラを比べてメリット、デメリットを比べます。

 

スマホカメラとデジタル一眼

デジタルカメラにはいろいろありますがここではスマホカメラとデジタル一眼でメリット、デメリットを比べます。
スマートフォンスマホに内蔵されているカメラ

dejiichiレンズ交換式デジタル一眼カメラ

 

スマホカメラ デジタル一眼
メッリット お手軽
ネットとの親和性がよい
近距離の物が撮影できる
明暗の記録できる幅が広い
ノイズに強い
大きなボケが得やすい
デメリット コントラストが高すぎる
ノイズに弱い
ボケにくい
大きい
ネットとの親和性が悪い
近距離撮影は専用レンズが必要

センサー実はの違い、光を電気信号に変えるセンサーによるところが大きいのです。

 

スマホで綺麗に撮影するには

スマホカメラは、明るいところと暗いところの差が狭く感じられます。
そこで、スマホカメラで撮影するのはできるだけ次のようなところで撮影しましょう。

・曇り空の日に撮影する
・逆光で撮影する
・日陰で撮影する
などなど。。。

 

スマホカメラで撮影してみよう

では、作例を見てみましょう。

 

作例1
「100均消しゴム」iPhone5Sで撮影

 

どんなところで撮影しているの?

こんなところで撮影しています。

 

撮影1
窓の近くに台を置いて撮影。

 

撮影3
ちょっと影が濃いので白い紙で影を抑えています。

 

撮影4
太陽の光が向かいのビルの壁に跳ね返りやわらかい光が窓から入ってきます。

 

暗い所での撮影

暗い所での撮影は、ノイズが多くなり、またシャッタースピート(露光時間)が長くなります。
スマホを両手で持ち、できれば肘をテーブルなどに付けて、静かにシャッターに触れましょう。
hota1iPhone5Sで撮影

 

構図のこと

三分割法と呼ばれる代表的な構図があります。
三分割法とは画面を三分割し、最も表現したいものを三分割した交点に置く構図です。
hota2
画面を三分割して、そこに何かを置くのだなと覚えましょう。

 

順光神話?

「逆光は失敗写真になるので順光で撮りましょう。」という都市伝説?を聞いたことはないでしょうか?
逆光とは被写体の後ろに光が来る状態です。
反対に被写体の正面から光が来る状態を順光といいます。

 

順光
順光で撮影すると醜い影が写り、きれいとはいえません。

 

逆光
逆光で撮影すると、iOS標準カメラアプリなら顔認識が働き適正な明るさに調整してくれます。

明るさ
顔認識による自動露出でも暗い場合や、商品などで暗い場合は、画面をスワイプして明るさを調整しましょう。

 

iphone-light
逆光で顔が暗くなった時、LEDライトを点灯させることもありです。

 

スマホ撮影のまとめ

スマホカメラでの撮影ポイント

・逆光を恐れない!
・逆光を積極的に活用しましょう。
・暗ければ明るさ補正。
・内蔵ライトも時には有効です。

白い紙や布で光を反射させると良い場合も。

そして、構図を意識しましょう!

 

ワークショップやります!

スマートフォンで写真を楽しむワークショップを大阪で開催します。

日時:2016年3月18日19:00 – 21:00
場所:クリエイターズギルドジャパン
〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4丁目9−2 西天満ビル6階

この記事を元に簡単なレクチャーをして、界隈を散策。
クリエイターズギルドジャパンに戻って、ドリンクを飲みながら撮影した写真を見せ合いっこします。
きっと楽しい会になるとおもいます。
申し込みは下記のFacebookイベントページからお願いします。

みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。

こちらの記事も見てくださいね

eye-catch
「ハマの番長」の自撮りのコツを習得しよう!
道修町Studio(どしょうまちスタジオ)の小柳宣昭です。 「ハマの番長」こと、横浜DeNAの三浦大輔投手の"うますぎる自撮り"が話題です。 そんな三浦大輔投手の自撮りテクニックを習得してみましょう。 スポンサ…

この記事を書いた人

こやなぎのぶあき
こやなぎのぶあき
写真撮影と動画制作の「道修町Studio」を運営。
また、写真作家としても活躍し、個展やグループ展に多数参加。
写真とカメラに詳しいのはもちろん、家電やPCにも詳しく、気軽に購入相談ができるので重宝がられている。

 - ガジェット系 , , , ,